特別受益・寄与分

特別受益・寄与分

相続分を増減する制度

法律は、相続の割合(相続分)を定めています(民法900条、901条)。
ただし、相続人の誰かについて、特別な事情を考慮し、その人の相続分を少なくしたり(特別受益)、多くしたり(寄与分)する制度があります。これに伴い、他の相続人の相続分にも増減が生じます。


特別受益とは

特別受益とは、被相続人から財産の遺贈を受け、または生前に贈与を受けた相続人について、そのことを考慮して、残った財産から取得できる分を少なくする制度です。 生前の贈与については、どのような贈与が対象になるか法律に規定されています。
 

寄与分とは

寄与分とは、被相続人の事業への協力や、被相続人の療養看護などにより、被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をした相続人について、そのことを考慮して、取得できる財産を多くする制度です。
 

実際には・・・

実際には、相続人のそれぞれが特別受益を主張しあったり、寄与分を主張しあったりして、立証の程度や、それぞれ納得しやすい解決の方法など様々なことを考慮して調整することもあります。
具体的には、弁護士にご相談ください。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ