• HOME
  • >
  • 遺言書・生前の備え

遺言書・生前の備え

遺言書・生前の備え

Q 遺言書を作ろうと思うのですが、どのようなことに気をつければいいでしょうか?


遺言書とは

遺言書とは、ご自身が亡くなった後に、ご自身の財産を、誰に、どのように相続させたいか等について、一定の方式に従って書き残すものです。その書き残す内容が、遺言です。


遺言書を作成する目的

遺言書を作成する目的は、大きく分けて次の二つが考えられます。
①自分の死後のことを自分で決めておく
  遺言書がある場合、原則として、相続は遺言に従って行われます。このため、ご自身の死後に、ご自身の財産をどうするか、ご自身で決めておくのが、遺言書を作成する目的の一つになります。
②相続をめぐる争いを防ぐ
  遺産の分け方などについて、ご自身の意思を遺言書によって明確にしておけば、相続人間の争いを未然に防止できることがあります。これも、遺言書を作成する目的の一つになります。


生前の備え

遺言書は、ご自身の死後に対する、生前の備えということになると思います。
その生前の備えを検討するうえで、当サイトの他のページでご説明している、遺言書や相続に関することに、なるべく広く細かく気を配る必要が生じえます。
遺言書を残せば万全とはいいきれないこともあります。
遺言書による生前の備えについて、具体的なご事情は弁護士にご相談なさることをおすすめします。


遺言の種類

遺言は、大きく分けて、普通方式と特別方式があります。普通方式のなかの自筆証書遺言と公正証書遺言が、代表的な遺言書です。
個別には、次ページでご説明します。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ