• HOME
  • >
  • 相続・遺言の実際問題

相続の実際問題

相続の実際問題

Q 相続について、法律では権利があると分かっているのですが、ほかの相続人との関係を考えると、どのように対処すればいいか悩んでしまいます。


相続は身内が相手―だからこそ弁護士にご相談・ご依頼を

相続では、遺産分割や遺言、遺留分に関して問題が生じたとき、多くは身内が相手になっています。
兄弟姉妹や親戚の縁が切れてもいいという人がいる場合もあれば、兄弟姉妹や親戚の関係を考えると、あまり強くは争いたくないという人がいる場合もあります。
これらを含め、皆様の実際問題は、様々だと思います。横浜都筑法律事務所の弁護士相談でも、そういったことが多くお見受けされます。
弁護士は、最低限のルールである法律とともに、経験に基づいて、個別のご事情を考慮して、相続争いへの対応の方法や内容、タイミングなどを検討します。
相続は、相手が身内だからこそ、弁護士にご相談・ご依頼なさることをおすすめします。


遺言書のメッセージ

遺言書は、遺言者からのメッセージです。
そのメッセージについて、遺言書を残された側としては、真摯に受け止め、あるいは真意を探るという問題が生じますし、遺言書を残す側としては、真摯に受け止めてもらうようにし、真意を伝えようとする必要が生じます。
このような生前と死後とのメッセージのやりとりに関して、残念ながら争いが生じることがあります。
遺言書をめぐる争いについては、遺言書をめぐる争いを解決した経験のある弁護士にご相談・ご依頼なさることをおすすめします。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ