相続人の具体例

相続人の具体例

相続人はだれなのか

 
配偶者と子供がいるとき
配偶者と、子供が相続人になります。
父母や兄弟姉妹は相続人になりません。
 
配偶者はおらず、子供がいるとき
子供が相続人になります。
父母や兄弟姉妹は相続人になりません。
 
子供はすでに死亡しており、配偶者と孫がいるとき
配偶者と孫が相続人になります。
父母や兄弟姉妹は相続人になりません。
 
子供の1人はすでに死亡しており、配偶者と、他の子供と、すでに死亡した子供の子供(孫)がいるとき
配偶者と、ご存命の子供と、すでに死亡した子供の子供(孫)が相続人になります。
父母や兄弟姉妹は相続人になりません。
 
子供・孫・父母はおらず、配偶者と兄弟姉妹がいるとき
配偶者と兄弟姉妹が相続人になります。
 
配偶者・子供・孫・父母ともおらず、兄弟姉妹がいるとき
兄弟姉妹が相続人になります。
 
子供・孫はおらず、配偶者がいて、父母がいる場合
配偶者と父母が相続人になります。
兄弟姉妹は相続人になりません。
 
配偶者はおらず、子供の1人はすでに死亡しており、他の子供と、すでに死亡した子供の子供(孫)がいるとき
ご存命の子供と、すでに死亡した子供の子供(孫)が相続人になります。
父母や兄弟姉妹は相続人になりません。
 
※ひ孫や祖父母がいることにより、以上と異なる場合はありえます。
※以上のほか、具体的には、横浜都筑法律事務所の弁護士にご相談ください。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ