法定相続人

法定相続人

法定相続人

相続人の範囲は、民法に規定されています。
民法の規定によって相続人となる人を「法定相続人」といいます。
(なお、被相続人の生前には、相続人となる人を「推定相続人」といいます)
 

常に相続人になる人

 

  配偶者

 

配偶者とともに相続人になる人

 

  第1順位=子供

 (子供がすでに亡くなっていてその子供である孫がいる場合、その孫)
 

  第2順位=父母

 (父母がすでに亡くなっていて祖父母がいる場合、その祖父母)
 

  第3順位=兄弟姉妹

 (兄弟姉妹がすでに亡くなっていてその子供である甥姪がいる場合、その甥姪)


代襲相続人

被相続人の死亡以前に、相続人になるはずだった人が死亡した場合、その人の子供が相続人となることがあります。
これを「代襲相続」といい、代襲相続する人を「代襲相続人」といいます。
次ページをご覧ください。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ