代襲相続人

代襲相続人

代襲相続人

被相続人の死亡以前に、相続人になるはずだった人が死亡した場合、その人の子供が相続人となることがあります。
これを「代襲相続」といい、代襲相続する人を「代襲相続人」といいます。


代襲相続が生じる場合

代襲相続は、相続人になるはずだった人が被相続人の子供の場合と、兄弟姉妹の場合に生じます。
 

子供についての代襲相続

被相続人の子供の子供(被相続人の孫)は、代襲相続人とります。
孫も被相続人の死亡以前に死亡した場合、孫の子供(被相続人のひ孫)がいれば、代襲相続人とります。このように、子供については複数回の代襲相続が認められています。
 

兄弟姉妹についての代襲相続

被相続人の兄弟姉妹の子供(被相続人の甥、姪)は、代襲相続人とります。
ただし、甥、姪も被相続人の死亡以前に死亡した場合、甥、姪の子供がいても、代襲相続人とはなりません。兄弟姉妹については1回しか代襲相続が認められません。
 

父母については?

相続人になるはずだった人が父母の場合、父母ともに被相続人の死亡以前に死亡し、祖父母がいれば、祖父母が相続人となります。しかし、これは民法がそのように定めているためであり、代襲相続ではありません。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ