遺留分減殺請求

遺留分減殺請求

遺留分減殺請求とは

遺留分減殺請求とは、遺留分を侵害されている相続人が、遺留分を侵害している人に対して、その返還を請求することです。
その権利のことを、遺留分減殺請求権といいます。


遺留分減殺請求の方法

遺留分減殺請求の方法としては、遺留分を減殺するという意思表示をすればよいとされています。
この意思表示は裁判所での手続によらなくてもできますし、裁判所での手続(調停、訴訟)によってもできます。


遺留分減殺請求の期間制限

遺留分減殺請求権を行使する期間の制限として、法律は、次のとおり規定しています(民法1042条)
「減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。」

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ