遺言書と相続の関係

遺言書と相続の関係

遺言書の有無で相続は異なる

遺言書は、亡くなられた方(遺言者)が、自己の財産を、誰に、どのように相続させたいか等について書き残したものです。そのような遺言書があった場合、原則として、相続は遺言書に従うことになります。
このため、遺言書があるかないかで、相続は異なってきます。


遺言書に何が書かれているかの問題

遺言書に書かれている事項には、相続分の指定、遺産分割方法の指定、遺産分割の禁止、遺贈、遺言執行者の指定、特別受益者の持戻しの免除、推定相続人の廃除・その取消など、様々なものがあります。
遺言書に書くことができる事項は、法律に規定されています。しかし、実際に何が書かれているかは、解釈の問題になることがありえます。
また、遺言書には、法律に規定されていない事項が書かれていることもあります。それをどこまで尊重するかが問題になることもあります。


遺留分の問題

遺言書があると、遺留分の侵害の有無が問題となりえます。
具体的には、該当ページをご覧いただくか、横浜都筑法律事務所の弁護士にご相談ください。


遺言が有効か無効かの問題

遺言は、民法の方式に反していた場合や、遺言者の判断能力に問題があった場合(例えば認知症)など、無効とされる場合があります。
遺言が有効か無効かの問題は、遺言者が死亡して相続が開始した後、相続人間で生じる争いです。裁判所に訴えを起こして、有効か無効かを判断してもらうことになります。

相続について
ホーム 相続の弁護士相談ホーム 相続の弁護士相談






























弁護士と司法書士・行政書士の違い弁護士と司法書士・行政書士の違い

 
弁護士事務所案内
弁護士紹介弁護士紹介

事務所案内事務所案内

アクセス案内アクセス案内

プライバシーポリシープライバシーポリシー

リンクリンク

サイトマップサイトマップ