遺留分

遺留分とは

遺留分とは、相続に際し、法律によって、兄弟姉妹を除く法定相続人に、相続財産の一定割合を保障したものです。
もう少し厳密にいうと、相続財産の中で、法律上その取得が一定の相続人に留保されていて、遺言による自由な処分(贈与、遺贈)に対して制限が加えられている持分的利益をいいます。

遺留分の権利者

遺留分の権利は、兄弟姉妹を除く法定相続人にあります。子供の代襲相続人にも遺留分があります。
兄弟姉妹に遺留分はありません。このため、兄弟姉妹の代襲相続人にも遺留分はありません。

つまり、配偶者、直系卑属(子供など)、直系尊属(父母など)は、法定相続人に該当すれば、遺留分権利者になります。

遺留分の割合

遺留分が権利者ごとにどれぐらい保障されているのか、以下のページでご説明します。


遺留分の侵害

遺言書や、被相続人による生前贈与によって、遺留分の権利者に分配される遺産が遺留分より少なくなっているとき、遺留分が侵害されているという言い方をします。
遺留分が侵害されている場合、どのように回復するかが問題となります。

遺留分の侵害回復は法的手続で

侵害された遺留分は、放っておけば自動的に回復されるというものではなく、回復するためには遺留分侵害額請求という法的手続をとる必要があります。
以下のページでご説明します。