• HOME
  • >
  • 弁護士紹介

弁護士紹介 - 横浜都筑法律事務所

  • HOME
  • >
  • 弁護士紹介

横浜都筑法律事務所

弁護士のご紹介

横浜都筑法律事務所・弁護士滝井聡

神奈川県弁護士会所属

(旧横浜弁護士会)

弁護士 滝井 聡(たきい さとし)
 昭和42年(1967年)生まれ
 神奈川県大和市出身

S61

神奈川県立厚木高校卒業

H4

東京大学文学部卒業

読売新聞社入社、記者として勤務

H10

ある事件の取材をきっかけに司法試験を志す

H11

政治記者か司法試験かで悩んだ末、読売新聞社退職

H14

司法試験合格(旧司法試験)

H16

弁護士登録(57期)

東京都内の弁護士事務所に勤務

H20

横浜・都筑区にて当事務所開設

横浜都筑法律事務所・弁護士滝井聡

 

神奈川県弁護士会所属

(旧横浜弁護士会)

弁護士 滝井 聡(たきい さとし)

 昭和42年(1967年)生まれ
 神奈川県大和市出身
 
S61 神奈川県立厚木高校卒業
H4     東京大学文学部卒業
     読売新聞社入社、記者として勤務
H10   ある事件の取材をきっかけに
          司法試験を志す
H11   政治記者か司法試験かで悩んだ末、
          読売新聞社退職
H14   司法試験合格(旧司法試験)
H16   弁護士登録(57期)
          東京都内の弁護士事務所に勤務
H20   横浜・都筑区にて当事務所開設 


所属団体

  • 神奈川県弁護士会(旧横浜弁護士会)
  • 横浜商工会議所
  • 横浜都筑ロータリークラブ
  • 都筑区懇話会
  • 横浜ビー・コルセアーズ後援会
  • 東京大学軟式野球部OB会

弁護士の自己紹介

当サイトをご覧いただき、ありがとうございます。横浜都筑法律事務所の弁護士滝井聡と申します。

私は、大学卒業後、最初の仕事は弁護士ではなく、就職活動をして新聞記者になりました。
新聞記者になってからは、政治記者を志していたのですが、ある事件の取材をきっかけに民法の勉強が必要となり、通信講座を始めたところ、司法試験を受験したくなりました。

何年かは仕事の都合で受験できなかったのですが、勤めていた新聞社から政治部への異動の内示を受け、政治記者と司法試験の受験の両方はとても困難と考えて司法試験を選び、弁護士になりました。

横浜・都筑区で平成20年に事務所を開設し、多くの方々からご相談やご依頼をいただいてきました。
弁護士として、新聞記者の経験も生かし、皆様のお話しを親身に丁寧にお聞きすることを心掛けております。

野球とゴルフ

思い入れのあるスポーツとして、野球とゴルフがあります。

野球は、大学で所属していた軟式野球部が定期的にOB戦を開催しており、何年かにわたって参加していました。ゴルフは、会社員時代に少しかじっており、弁護士になってから再開しました。

ところが、四十肩・五十肩で、子供と野球をするのもひと苦労になりました。ゴルフでは、かつて骨折した左肘と左手首が痛くてスイングがままならず、そこへ右目の白内障が悪化して、片目でプレイするようになりました。
その右目の手術で仕事用に近距離の人口レンズを入れると、ゴルフ場では両目でピントを合わせることができないないままです。

スポーツは、うまくできなくても楽しければいい、と思うようになった今日この頃です。


弁護士を選ぶポイントは?

弁護士に依頼をしようと思ったとき、どのようにして弁護士を選べばいいのか、お悩みになるのではないかと思います。

案件を依頼すると、一定の期間、一緒に問題に取り組んでいくことになります。
このため、弁護士を選ぶうえで最初に大切なポイントは、皆様の目からその弁護士の人柄や常識的感覚、あるいは相性がどのように見えるか、ということではないかと思います。

弁護士は、ご相談を受けますと、人との関係や法律以外の要素も含め、お客様と一緒に悩みながら解決策を模索していくことになります。
そういったときに、その弁護士がどのような人なのか、見ていただければと思います。

ぜひ、横浜都筑法律事務所へご連絡してみてください。