法定相続人

法定相続人は民法に規定

相続人の範囲は、民法に規定されていて、それによって相続人となる人を「法定相続人」といいます。
法定相続人は、被相続人の生前には「推定相続人」と呼ばれ、被相続人の死亡時に生存していることによって相続人となります。
胎児は、死産にならない限り、胎児のときから相続権があることとされています(民法886条)。


法定相続人の範囲

法定相続人については、配偶者、子供(またはその代襲相続人)、直系尊属、兄弟姉妹(またはその子供)が民法に規定されています。

常に相続人になる人

配偶者(民法890条)
配偶者がいない場合は、以下の人だけが相続人になります。

配偶者以外

配偶者以外には順位があり、先の順位の人がいれば、後の順位の人は相続人になりません。

第1順位=子供(民法887条1項)
子供がすでに亡くなっている場合、その代襲相続人である直系卑属がいれば相続人となります(同条2項)。
実子であるか養子であるかを問わず、普通養子の場合には、養親を相続できるほか、実親を相続することができます。

第2順位=直径尊属(民法889条1項1号)
親等の異なる直系尊属の間では、親等の近い人が相続資格を取得し、それ以外の直系尊属は相続資格を取得しません(同号ただし書き)。

第3順位=兄弟姉妹(民法889条1項2号)
兄弟姉妹がすでに亡くなっている場合、その子供(被相続人の甥・姪)がいれば相続人になります(同条2項)。


代襲相続人

代襲相続人については、以下のページに掲載しています。
 代襲相続人        

法定相続分

法定相続分については、以下のページに掲載しています。
 法定相続分        


「相続の概要」の冒頭ページへ、以下をクリックして移動できます。
 相続の概要