受遺者

受遺者は遺言による

受遺者とは、遺言書によって相続財産を与えられた人のことです。
 

受遺者は遺贈を受けた人

遺言書によって財産を人に与えることを、「遺贈」といいます。
受遺者は、その遺贈を受けた人ということになります。
 

法定相続人でないことも

遺言書では、法定相続人に財産を与えることも、法定相続人でない人に財産を与えることもできます。
このため、法定相続人でない人が受遺者として財産を受け取る場合があります。
法律は、「包括受遺者は、相続人と同一の権利義務を有する」と規定しています(民法990条)。
 

遺言書は解釈の問題が生じえます

遺言書があった場合、記載内容によっては、そこに書かれている遺言がどういう意味なのかといった解釈の問題が生じえます。
遺言の解釈について、以下のリンク先のページに掲載しています。
 遺言の解釈


「相続の概要」の冒頭ページへ、以下をクリックして移動できます。
 相続の概要