遺言書・生前の備え

遺言書・生前の備え

死後の財産の行方を書き残す

遺言は、ご自身の死後の財産の行方について、ご自身の意思表示を書き残すものです。ご自身の財産について、何を、誰に取得させたいかなど、一定の方式に従って書き残します。


遺言を残す目的

遺言を残す目的は、大きく分けて次の二つが考えられます。
①自分の死後のことを自分で決めておく
遺言書がある場合、原則として、相続は遺言に従って行われます。このため、ご自身の死後に、ご自身の財産をどうするか、ご自身で決めておくのが、遺言を残す目的の一つになります。
②相続をめぐる争いを防ぐ
遺産の分け方などについて、ご自身の意思を遺言によって明確にしておけば、相続人間の争いを未然に防止できることがあります。これも、遺言を残す目的の一つになります。


生前の備え

遺言は、ご自身の死後に対する、生前の備えということになると思います。
その生前の備えを検討するうえで、当サイトの他のページでご説明している相続に関することに、なるべく広く細かく気を配る必要が生じえます。
遺言を残せば万全とはいいきれないこともあります。


遺言の種類

遺言の種類については次ページでご説明しており、以下のリンクからも移動できます。